🍉夏休み教室🍉(中学生対象)

7/23(火)から始まった夏休み教室。5日間の延べ生徒参加数70人で無事終了。教室は文化ホール、国際友好ルームで夏休みの宿題、日本語の学習、楽しい実験を経験しました。
通常のスタッフに加え松戸市の企画「レッツ体験ボランティア」で派遣された高校生3人、その他2名の大学生延べ人数93名でマンツーマン、時には2名で対応する密着指導でした。生徒たちの国は中国、タイ、フィリピン、ネパール、バングラディッシュ、パキスタン、高校生は臆することなく生徒たちと生き生きと接し、大きな戦力となりました。
初日は恒例の「暑中見舞いを担任の先生に出そう」で皆頑張ってはがきを仕上げました。受け取った先生たちはきっと驚く事でしょう。宿題は英語、数学などの他、苦手な読書感想文は題材を決めるのも難しくスタッフが根気よく相談に乗りながら進めていました。4日目は宿題の自由研究を兼ねた楽しい実験の日、「使い捨てカイロの不思議」仕組みを学習した後は生徒一人一人ペットボトルを使い楽しく賑やかにカイロ作りをしていました。
この教室を通して生徒それぞれの課題を見つけられました。それぞれの目標に向かってこれからの学習方針に繋げていきます。来年もまたやりますよ、みんな参加してくださいね。(森田 記)

 

広告