✐2018年度高校受験突破に向けて6日間の日程を終了!✐

毎日、2時間の学習時間が足りないと感じるほど集中した「冬休みにほん語教室」を振り返ってみた。
特別枠に挑戦する11名は、前半で作文の仕上げに取り組み、面接の練習を後半の3日間で行った。5教科で受ける生徒の参加は3名だった。
昨年に引き続き、専修大付属松戸高校のグローバルインターナショナルチームリーダー養成クラブから、毎日3~4名の応援があり、真剣な取り組みに、おしみなくあたたかいアドバイスをしてもらった。
海外から来日して、数か月から1~2年の生徒にとって、地元の高校生や先生との交流は、貴重な時間であったに違いない。(髙橋 記)

広告